2020年11月02日

改憲発議に反対する全国緊急署名用紙が変りました。引き続き宜しくお願い致します。



  2019年7月の参院選では、改憲に賛成する勢力が3分の2を割りました。有権者は当時の安倍首相に憲法96条の規定による改憲発議が可能な勢力を与えませんでした。この時、「民意が『改憲について論議すべき』という意思を去明した」などと全く事実に反する強弁をしていた安倍氏は、2020年9月16月、「安倍改憲NO!」の轟々たる世論と運動の前に、病気を理由に辞任し、「改憲」を果たせませんでした。
 政治が果たすべき課題は、コロナ対策をはじめ山積しています。世論の多くは改憲など望んでいません。
 菅首相が継承した「安倍改憲」は、日本の軍事大国化をさらに進め、「戦争をする国」に変えようと狙うものです。もし、9条をけじめとする自民党改憲4項目による改憲が実現すれば、日本は米国とともに世界各地での戦争や紛争に介入・参加していくことになるでしょう。
 事態は緊急です。
 私たちは国会が改憲の発議をすることも、「敵基地攻撃能力の保有」などという憲法に反する解釈も許さず、すべての市民の平和と人権、生活の向卜のため、憲法を守り、生かすことを求めます。




5870294.jpg



9条改憲NO!新署名用紙.JPG

PDFデータのダウンロードはここから
posted by 千葉労連HP管理人 at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする